ダイエットと食事の関係

Sample Banner

ダイエットでは食べ方が大事ですが、食事の量を少なくすれば痩せるという話ではありません。スタイルの整ったモデルや芸能人でも、日に3回以上も食事をする人がいると聞いたことがあると思います。何度も食事をしていたら、大食い状態になって体脂肪が増えるというイメージを持つ人もいますが、実は回数に痩せる方法が潜んでいることがあります。

痩せる為もしくは、そのスタイルを維持する為に、普通では無い特殊な食べ方をしているのです。1日に何度も食事をすることは、血糖値のコントロールに密接な関わりをもっているといいます。1日3回の食事をとるときには、朝昼晩がスタンダードです。食事と食事のインターバルが長くなりすぎると、6~8時間は物を食べない時間が続きます。長時間にわたってものを食べない時間が続くと、人体は飢餓状態に陥って、空腹を強く感じるようになるだけでなく、脂肪を蓄積しやすい体質になります。お腹が減っているので、つい食べ過ぎてしまう場合が多々あります。

一定時間、何も食べないでいると、血糖値が低くなります。血糖値が下がっている時に物を食べると、急激に血糖値が高くなる影響で、脂肪が生成されやすくなります。脂肪がつきやすく、太りやすい体になってしまわないように、小まめに食べるという食事方法が、痩せる為には良いわけです。1日に何回も食事をすれば食感時間の短縮化がはかれて、血糖値もキープしやすくなりますので、うっかり食べ過ぎてしまうことはありません。一度の食事の分量を減らし、その代わりに食事回数を多くして、1日で摂取する栄養に偏りがないようにすることが、痩せる食べ方になります。

Sample Banner

コメント

タイトルとURLをコピーしました